目覚めをよくするためには光目覚ましが最適です

目覚めをよくするために記事一覧

ぱしっと朝すっきり目覚め、すぐにフル回転で活動を開始できるといったようなものは理想的な朝のスタイルのように思われがちのようですが、実際のところこういった人はそう多くはないようです。我々の体の眠りと目覚めはゆるやかなペースで入れ替わっています。目覚めの準備は寝ている2時間前ほどから始まり、ゆっくりと活動準備に入ります。目覚めてからも、実際に体が起きるまで1位時間くらいかかるものなのです。朝の目覚めが...

朝食はとても重要です。統計によると30%近くの人が朝食抜きで1日を始めているそうです。朝食抜きで1日をはじめてしまうとどうなるか。脳のエネルギーはブドウ糖です。脳はブドウ糖を貯めておくことができないため、朝食抜きで活動開始しても、脳は思うように働くことはできません。実験によると、規則正しく朝食を取っていれば、食事の1時間ごくらいから消化器系の活動が活発になるということがわかっています。消化器系の活...

朝の目覚めにとって朝食は何を食べればいいかという疑問がわいてくるかと思います。まれに朝からステーキやカレーなどといった重いものを食べる人がいますが、やはりこういう重いものは体の負担にもなりますし、何より消化に時間がかかり、そこでエネルギーが使われ、眠気を誘います。食べた後に眠気がくるというのは、消化にエネルギーが使われているのが原因です。ですから1日の始まりといえる朝食は、フルに活動するためにも軽...

朝快適に目覚めるためにシャワーを浴びるという方法があります。日本では夜に入浴して温まるというライフスタイルが一般的ですが、若い人の間では朝シャワーを浴びる人が増えているかと思います。確かに全身にシャワーをあてると、水圧のマッサージ効果により、血行がよくなって頭と体を目覚めさせてくれます。またシャワーを浴びるとリフレッシュされて、一気に活動モードにもなりやすいかと思います。真冬のシャワーは寒くてお風...

我々の体温は、夜から早朝にかけて最低になり、夕方から夜にかけて緩やかに上昇していきます。体温が上昇する途中で朝を向かえ、目覚めていきます。その段階で体を動かすと体温があがり、頭と体が活動モードに切り替えることができるのです。ですから朝に軽い運動をすることは体が目覚めるチャンスでもあります。あまりハードな運動を朝からしてしまうと、今度は昼間眠たくなるので、ウォーキングや体操、ヨガといった適度に体が動...