朝食をしっかりとることで目覚めがよくなる

朝食を取って目覚める

 

朝食はとても重要です。

 

統計によると30%近くの人が朝食抜きで1日を始めているそうです。

 

朝食抜きで1日をはじめてしまうとどうなるか。

 

脳のエネルギーはブドウ糖です。

 

脳はブドウ糖を貯めておくことができないため、朝食抜きで活動開始しても、脳は思うように働くことはできません。

 

実験によると、規則正しく朝食を取っていれば、食事の1時間ごくらいから消化器系の活動が活発になるということがわかっています。

 

消化器系の活動が活発になると朝の目覚めも、体の調子も上がってくると考えられているようです。

 

睡眠を深くするためにも夜2時間前までには夕食を済ませ、胃の中を空っぽの状態で朝目覚めるのが望ましいです。

 

お腹がすいた状態で目が覚め、朝食を食べているうちに1日の準備が始まるというわけです。

 

寝る前に食事をしてしまうと、胃の中に食べ物が残り、朝起きたときに不快な気持ちになります。

 

また消化というのが人間にとって一番エネルギーを使うので、寝ている間に無駄なエネルギーが消費されてしまい、だるい気持ちで朝目覚めてしまうことにもなるのです。

 

胃の中に食べ物が残っていると、朝食を食べたいという気持ちもなくなります。

 

そうなるとますます目覚めが悪くなっていくのです。

 

朝食をきちんと食べるということは栄養面だけでなく、朝の目覚めにも影響します。

 

ですから、夜遅くには何も食べず、朝の朝食を楽しみにするような形で食事をとっていくことをオススメします。

朝食をしっかりとる関連ページ

光によって目覚める
光目覚ましとは、光によって目覚めを促す目覚まし時計です。
何を食べればいいのか
朝食に最適なメニューとはなんでしょうか。目覚めたての身体に優しくて元気の出るものを食べましょう。
シャワーを浴びる
朝にシャワーを浴びることで爽やかに目を覚ますことができます。
軽い運動をする
軽い運動は気持ち良く目覚めるために効果を発揮してくれます。