朝は何を食べればいいのか?

朝食は何を食べればいいのか?

 

朝の目覚めにとって朝食は何を食べればいいかという疑問がわいてくるかと思います。

 

まれに朝からステーキやカレーなどといった重いものを食べる人がいますが、やはりこういう重いものは体の負担にもなりますし、何より消化に時間がかかり、そこでエネルギーが使われ、眠気を誘います。

 

食べた後に眠気がくるというのは、消化にエネルギーが使われているのが原因です。

 

ですから1日の始まりといえる朝食は、フルに活動するためにも軽いものに越したことはありません。

 

ハムに目玉焼きとトーストといった洋風スタイルの朝食も日本ではもうなじみのあるものだと思いますが、実はこれも食べ合わせもよくなく、大きなエネルギーを消費してしまいます。

 

では何がベストなのかといいますと、朝はフルーツと野菜だけを食べるというのがベストなのです。

 

もしくは野菜ジュースだけというのでもかまいません。

 

朝から重いものばかりをとってしまうのは絶対に避けたほうがいいのです。

 

重いものはできる限り昼食に食べたほうが1日のパフォーマンスが高くなります。

 

朝の目覚めのためには朝食を取ったほうがいいのですが、あまり重過ぎるものを食べると今度は食べた後眠くなりますので、その点は気をつけたほうがいいでしょう。

何を食べればいいのか関連ページ

光によって目覚める
光目覚ましとは、光によって目覚めを促す目覚まし時計です。
朝食をしっかりとる
朝の目覚めをよくするために、朝食をしっかりと摂る習慣を身につけましょう。
シャワーを浴びる
朝にシャワーを浴びることで爽やかに目を覚ますことができます。
軽い運動をする
軽い運動は気持ち良く目覚めるために効果を発揮してくれます。