軽い運動をすることで目覚めをよくする

朝に軽い運動をする

 

我々の体温は、夜から早朝にかけて最低になり、夕方から夜にかけて緩やかに上昇していきます。

 

体温が上昇する途中で朝を向かえ、目覚めていきます。

 

その段階で体を動かすと体温があがり、頭と体が活動モードに切り替えることができるのです。

 

ですから朝に軽い運動をすることは体が目覚めるチャンスでもあります。

 

あまりハードな運動を朝からしてしまうと、今度は昼間眠たくなるので、ウォーキングや体操、ヨガといった適度に体が動くような運動するのがよいでしょう。

 

朝は空気も澄んでいて、静かな時間帯です。

 

朝日を浴びながらの運動は体内時計をリセットさせてくれますし、うつ防止にもつながります。

 

まだまだ習慣とはなっていませんが、私もできる限り朝に外で軽い運動をするように心がけております。

 

やはり朝運動すると大変気持ちがいいです。

 

この気持ちよさがやみつきになってくると、朝が待ち遠しくなりベッドからおきやすくなりますので、できる限り継続していきたいと思っています。

軽い運動をする関連ページ

光によって目覚める
光目覚ましとは、光によって目覚めを促す目覚まし時計です。
朝食をしっかりとる
朝の目覚めをよくするために、朝食をしっかりと摂る習慣を身につけましょう。
何を食べればいいのか
朝食に最適なメニューとはなんでしょうか。目覚めたての身体に優しくて元気の出るものを食べましょう。
シャワーを浴びる
朝にシャワーを浴びることで爽やかに目を覚ますことができます。