寝酒は快眠にならない

寝酒は控える

 

夜寝るためにお酒を飲むという人がいます。

 

私も経験があります。
ただ、夜お酒を飲んで寝ると翌朝すぐに目覚めてしまいます。

 

そしてだるい1日が続く感じになりがちです。

 

お酒を借りて眠っても、その後の睡眠の質は低下するというのは一般的に言われていることです。

 

たとえお酒の力で寝ついたとしても、その跡にトイレに行きたくなって目がさめたり、もう一度眠るのが難しくなったりします。

 

アルコールは体内に入ってから3時間くらいで分解されていきます。

 

アルコールは脳の働きを無理やり押さえつけて眠らせるわけですので、アルコールが分解され、体内から抜けると浅い眠りの状態になります。

 

その浅い眠りの状態だからこそ、目覚めやすかったりもしますし、実際は深く質の高い眠りを取っていたわけでもないのに、その目覚めやすさから勘違いして深く眠ったという気持ちにもさせられるのです。

 

お酒は深い睡眠が取れないだけでなく、もう一つ注意点があります。

 

それはやはりお酒は中毒性があり、まるで睡眠薬のような形で寝酒をしてしまう人があとを絶たないのです。

 

しかも中毒というのは基本的には時間が絶てばたつほど増える方向に向かいます。

 

夜寝るための寝酒の分量が徐々に増えていくのです。

 

そしてますます体調が悪くなり、体に異変をきたしていきます。

 

夕食時の多少のアルコールは気分転換やリラックスのために効果がありますが、お酒を睡眠薬代わりに飲むというのは考え物です。

 

この点を覚えておいてほしいと思います。

寝酒は控える関連ページ

夕食後にカフェインを取らない
夕食後にコーヒーなどでカフェインを摂取してしまうと、快適な睡眠の妨げになります。
寝る前のタバコをやめる
睡眠前の喫煙を避けることで、快適な睡眠を得ることが期待できます。
寝る前に携帯やPC、ゲームに熱中しない
就寝前に携帯やパソコンの画面を見ていると、快適に睡眠することができません。