夕食後にコーヒーを飲まない

夕食後にカフェインを取らない

 

寝つきが悪い人は寝る前にカフェインを取っていないかチェックしてみてください。

 

カフェインと言えばコーヒーといったものが連想されますが、意外にも我々の身の回りの飲み物にはカフェインが含まれています。

 

コーヒー、紅茶、コーラ、清涼飲料水、そして意外にもお茶にもカフェインが含まれているものがたくさんあります。

 

カフェインは摂取して30分くらいで効き始め、5時間ほど持続します。

 

ですから、もし12時に寝る人が夜8時くらいにカフェインを取ってしまうと、寝つきが悪くなるだけでなく、眠りの質も悪くなります。

 

夕食後にコーヒーなどを摂取するのは極力控えめにしたほうがいうまでもありません。

 

またカフェインについてもう一つ懸念点があります。

 

カフェインは利尿作用があり、飲むと尿意を感じやすくなり、実際に何度もトイレに行くことにもなってしまいます。

 

布団に入ったとこの利尿作用が働くと、夜中に何度も目が覚め、トイレにいくようになります。

 

こうなってしまうと深い睡眠をとることはできず、不眠にもつながっていきます。

 

ですから、夕食後にはカフェインを取らないような生活を心がけていきましょう。

夕食後にカフェインを取らない関連ページ

寝酒は控える
寝酒は実は快適な睡眠の妨げになっているかもしれません。
寝る前のタバコをやめる
睡眠前の喫煙を避けることで、快適な睡眠を得ることが期待できます。
寝る前に携帯やPC、ゲームに熱中しない
就寝前に携帯やパソコンの画面を見ていると、快適に睡眠することができません。