寝る前に携帯やPC、ゲームの画面を見過ぎない

寝る前に携帯やPC、ゲームに熱中しない

 

夜遅くまで携帯やPC、ゲームなどをして、その結果朝起きることができない。

 

こういう人は年々増えているかと思います。

 

特に若い人ほど携帯依存症になっており、いつでも携帯でメールをしたり、ゲームをしているのが当たり前のようになっているかと思います。

 

これらの機器は中毒性があるといっても過言ではありません。

 

特に夜はさびしいからといって、ダラダラと無駄な時間を過ごしてしまうとやはり次の日は起きることができませんし、携帯やゲームによって夜遅くに目から強い光を浴びてしまうと、体内時計が狂ってしまいます。

 

その結果寝つけなかったり、睡眠時間が削られたり、日中体がだるくなったりと体の不調をきたす人があとを絶ちません。

 

やはり快適に眠るためには、寝室には携帯やゲーム機などをもちこまず、寝ることだけに集中したほうがいいのです。

 

どうしても気になるようでしたら寝ながらではなく、おきて一度やることを済ましてから寝るようにしましょう。

 

そして朝これらの機器を触ればいいのです。
メリハリが必要です。

 

私も夜は寝ることだけに集中するようにこころがけています。

 

本当に快適な生活を過ごしたいと思われるのでしたら、夜寝る前にこういった機器をいじるのをやめるようにしたいものです。

寝る前に携帯やPC、ゲームに熱中しない関連ページ

寝酒は控える
寝酒は実は快適な睡眠の妨げになっているかもしれません。
夕食後にカフェインを取らない
夕食後にコーヒーなどでカフェインを摂取してしまうと、快適な睡眠の妨げになります。
寝る前のタバコをやめる
睡眠前の喫煙を避けることで、快適な睡眠を得ることが期待できます。