睡眠は年齢によって左右されます

若い時と年をとった時の睡眠は違う

 

中高年になってから不眠になった。
目が覚めてしかたがない。

 

年をとるとこういう人が増加してきます。

 

これは当然のなりゆきで、年をとると睡眠方法、時間も年をとっていくのです。

 

年をとると若いころと同じようにぐっすり眠ることができなくなってきます。

 

近年は核家族化が進み、お年寄りと生活することが少なくなってきたとは思いますが、基本的に年をとると睡眠時間が短くなっていきます。

 

ですから若いところと比べると、全体的に睡眠は浅くなり、眠れる時間が少しずつ減ってくるのが普通なのです。

 

年をとると生活スタイルが変化し、日中に消費するエネルギーが少しずつ減ってきて、回復のために体が必要とする睡眠時間が短くなってくるのです。

 

体が必要としているのは6時間くらいなのに、8時間も床の上ですごすと、2時間だけ眠れない時間を過ごします。

 

これが原因でぐっすり眠れていないという不満足を覚えるのです。

 

こういう場合には年相応の睡眠時間があるということを覚えておいてください。

 

年齢にあわせて床の上にいる時間を短くしていくことがストレスをためない睡眠法なのです。

年齢によって左右される関連ページ

不眠症の時代
現代は不眠症で悩んでいる人が非常に多い時代です。
不眠の原因
眠れない原因は何なのか。ストレスや自律神経の乱れに関係がありそうです。
睡眠の必要性
生き物にとって睡眠は非常に重要な行動です。睡眠の必要性について考えてみましょう。
適切な睡眠時間
睡眠時間の適正を知りましょう。長すぎる睡眠も短すぎる睡眠もよくありません。