適切な睡眠時間はどれくらい?

睡眠時間は何時間が適当か?

 

今はいったい何時間くらいが適切な睡眠時間なのでしょうか?

 

ナポレオンは馬の上で3時間睡眠だったとか、アインシュタインは12時間睡眠だったとか、歴史上の人物の睡眠時間は極端な人であればあるほど残っていますね。

 

以前は8時間睡眠が定説でした。

 

現代人は多忙を極め8時間も睡眠時間が取れる人というのは稀だと思います。

 

一般的に成人の睡眠時間は7時間と言われますが、中には6時間、5時間で大丈夫だという人もいます。

 

5時間でも日中に眠気で困らず、すっきりと過ごせるのであれば、その人にとって5時間というのは十分な睡眠時間だといえると思います。

 

残業時間の長い人や、夜になると元気になってついつい夜遊びしてしまう人は睡眠不足になりやすい傾向にあります。

 

このような睡眠不足はこころや体に悪い影響を及ぼすのはいうまでもありません。

 

また自覚がない睡眠不足には注意しなければいけません。

 

若いから大丈夫だからとか、気合でなんとか乗り切るという人ほど要注意です。

 

業務中の居眠りが原因で大惨事を引き起こすケースも今後はでてくるかと思います。

 

そうならないためにも適切な睡眠時間をとり、規則正しく生活することを心がけていくようにしましょう。

適切な睡眠時間関連ページ

不眠症の時代
現代は不眠症で悩んでいる人が非常に多い時代です。
不眠の原因
眠れない原因は何なのか。ストレスや自律神経の乱れに関係がありそうです。
睡眠の必要性
生き物にとって睡眠は非常に重要な行動です。睡眠の必要性について考えてみましょう。
年齢によって左右される
睡眠は年齢によって変わってきます。年齢に合わせた睡眠を心がけましょう。