睡眠と病気の関係とは?

睡眠と病気の関係記事一覧

不眠症というのは床に入って眠ろうとしても眠れないことに痛みを感じている症状のことをいいます。一方で睡眠不足というのは単純に、睡眠時間が確保できていない状態のことをいいます。本人の意思で眠ろうとしていないため、睡眠を軽視し、睡眠が不足しているのです。睡眠がどれだか大切かということを理解していないため、睡眠不足を引き起こすのです。睡眠不足が続くとさまざまな問題がでてきます。脳の機能低下はもちろんのこと...

不眠が長く続くようでしたら、それはうつ病なのかもしれません。意外と自分では気づかない状態の人も多いのですが、不眠はうつ病の前兆としてあらわれることが多いのです。うつ病は気持ちが沈みこんで憂うつになったり、悲しい気持ちだったり、希望がない、落ち込んでいるといった状態が長く続くことを指します。気分転換しようとしても、ものごとに興味がもてず、楽しもうと思っても楽しめないので、何をしてもおもしろくないし、...

現在うつ病の治療法というのは以下の2つがあります。精神療法薬物療法精神療法というのはその名の通り精神的なアプローチで治療を行っていきます。医師や診療心理士、カウンセラーといった人がその人がなぜうつ病になったのかという原因を突き止め、その原因を克服していくというやり方が中心です。一方で薬物療法というものは薬の力によってうつ病を治していきますが、こちらはずっと薬を飲まないといけないというケースも多く、...